人工知能の活躍は間もなくそこまで来ている

過日、韓国の有名な棋士がコンピューターと対局を何度かして1勝しかできなかったというのが大きな文字となりました。囲碁というのは、チェスや将棋よりも複雑なのでコンピューターが勝つにはちょっと先のことだろう、と誰もが思っていたのでかなりの驚愕でした。それほどコンピューター、人工知恵の向上というのは早いという事が国家にバレることとなりました。
人工知恵の追究の足どりと合戦ははなはだ激しくて、ありとあらゆる科目で身辺追究されています。有名な愛車のオートマチック航行仕組はもう一度あと数年でアクティベーションされそうですし、診療の科目でもヒトが見つけられない腫瘍なども発見できるようになっています。ヒトが使える感じになればいいなあ、と期待しています。
一方で人工知恵が活躍する余分、いつか失業となりそうな就労というのも数多く存在します。タクシー乗員もそうかもしれませんし、力仕事も機械が総合できるなど世界中で大きな負担となっているようです。http://www.fclailapas.com/

まだ先は長いけど、ちょっとずつ、ダメージ回復してきました

ネット証券口座の資産が、(もともと雀の涙程度だったのに)某国のミサイルや核実験の影響で不安な気分が広がったためか・・・・すっかり価値が下がってしまいました。
「あ〜泣きたい。」と、叫びたいけど叫べない、泣くに泣けない状況です。
でも、これだけ下がればまた必ず上がってくると信じ、ヘタな手を打たないで静観する姿勢を保ってきました。
数日、心配ではありましたが、それらにもようやく明るい兆しが見えてきた感じです。
思いのほか、全体的な立ち上がりは早そうですが、せっかく微々たる儲けを出してきていた銘柄にマイナスがまた結構残っているので手放しでは喜べません。
それぞれの企業価値や実績が変わるものではないのに、理不尽なものなのですね。
それくらい人の心理って、市場に大きく影響するものなんでしょうね。素人ながらもちょっと実感わきました。
本当に、平和が一番です。
9月11日に何かが起こるような不安な言葉がネットやテレビなどで見られるのですが、力のない私は何もない事を願うしかないのですね。http://www.decommunitylegalaid.org/